ツヤツヤの指輪と細かい傷

 

吉祥寺店です!

先日吉祥寺にてインタビューさせていただいた小川様。

 

様々なお話をさせていただいた際、

うまく進まなかったり、失敗したり、頑張って褒めたり・・・

結婚指輪作りって結婚生活に似ていると思うんです、とおっしゃっていました。

 

結婚式前や記念日など、様々タイミングでお客様の指輪をお預かりし、

アフターケアをさせていただく度に、この言葉を思い出します。

 

■ツヤツヤの状態に戻すには

 

作られてからしばらく経った指輪を、お持ち込みいただいた時、

多くのお客様は「傷がついてしまって・・」と、ツヤツヤの状態へ戻すことを望まれます。

 

デザインによりますが、もちろん磨き直しすることができるデザインがほとんどですし、

こういったご要望の際には、できる限り綺麗に磨いて、ツヤのある状態でお渡ししています。

 

しかし、納品の日と同じくらいのツヤツヤに戻す(磨き直しする)ためには、

目に見える深いキズ取り→小さな掠れキズ取り→さらに細かいキズ取り→表面の磨き と

多くの工程を踏むため、指輪の金属量が微量に減ってしまいます。

 

■磨き直し以外の方法

 

磨き直し以外に、当店でお作りいただいた指輪を綺麗にする方法としては、

  • ポリッシングクロスで日頃から表面を軽く磨いておく
  • ジムやスポーツなど、アクティブなことをする時はきちんと外して、深い傷がつかないようにしまっておく
  • ご家庭用の重曹(キメの細かいものがオススメです)やぬるま湯に溶かした中性洗剤につけて優しく洗う

といったクリーニングが有効です。

もちろん、お店にお持込いただいても、同様のご案内が可能でございます。

 

 

■傷が目立たない形の指輪ってある?

 

お客様が削られた形のままの、しっかりとした槌目の指輪。

 

実はこの指輪の形、多くのデザインの指輪がある中でも、

かなり傷が目立ちにくいデザインといっても過言ではありません。

 

というのも、もともとお客様が削られた傷が残してあるデザインなので、

日々の生活の中でつく傷との違いが、わかりにくいのです。

 

 

■変化を楽しむこともひとつの手かも

 

ちなみにこのしっかりとした槌目の指輪は、

使っている方のライフスタイルによって、

角が少しまあるくなったり、光沢感が減っておとなしく温かい印象の指輪に変化したり、

お付けになられている方のライフスタイルに寄り添った形へ、

数年単位でゆっくりと時間をかけて変化していきます。

 

指輪の傷や変形、汚れなどは、

たとえ耐久性に優れた素材を使っていたとしても、

日々の生活の中で少しずつ蓄積されていくものです。

 

指輪作りを結婚生活と例えるなら、

傷はお二人の思い出の数とも言えるような気がします。

 

様々な色味・雰囲気に変化していくことを楽しんで着用されるのもまた、

素敵な日々の生活のエッセンスになるかもしれませんね。

 

お問い合わせ/ご予約はこちらから

CRAFY目黒店

CRAFY鎌倉店

CRAFY吉祥寺店

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る