指輪の金属アレルギー

連休の三日間、皆様はどうお過ごしですか?

暑かったり寒かったり、お洋服選びが大変でしたね。

 

今日は多くの方が気にされる、金属アレルギーについて、お話しさせていただきます。

 

そもそも金属アレルギーとは、

金属が肌に触れたことで反応するのではなく、

汗などで微量な金属が溶け出して金属イオンが作られ、

その金属イオンが皮膚を通して体内に入ることで、

アレルギー反応が起こります。

 

 

地球上に多く種類のある金属の中でも、

・純プラチナ

・純ゴールド

は、溶け出しにくい(イオン化しにくい)と言われています。

 

しかし、少し力を加えるだけで変形してしまうのも、

この純プラチナ・純ゴールドの特徴。

 

そのため、実際に結婚指輪などに使われるプラチナは

90~95%が純粋なプラチナで

残りの10~15%は

パラジウムと呼ばれる硬い金属が入っているので、

それぞれPt900・Pt950という表記になっています。

 

ゴールドの場合は75%が純粋なゴールドで、

残りの25%に銀と銅が7.5%入っている物をK18と呼んでいます。

(ちなみにこの銀と銅の比率が4:6/5:5/6:4・・・と変化することで、

色味がピンクゴールドやイエローゴールドなどに変化します)

 

この数パーセントの違いだけで、硬さが変わるのも驚きですよね。

 

完全に傷がつかない!とは言えませんが、

つけたまま生活をしていても、曲がったり深い傷がつきにくくなるため、

販売をされているアイテムのほとんどが、このPt900/950/K18です。

 

Pt900/950に含まれているパラジウムと、ゴールドに含まれている銅は

金属アレルギーを起こしやすい金属と言われているので、

もしどうしても心配だという方は

結婚指輪をご検討される前に、お近くの皮膚科へ行って

どの金属(イオン)に対するアレルギーなのか

先に調べてみることも、一つの手だと思います。

 

 

 

なお、CRAFYでは、通常はPt900でご用意しているプラチナの指輪を、

より純度の高いPt950へ変更することも可能でございますし、

金属アレルギー歴のある方は、

どういった金属でアレルギーが出たことがあるのか

ご相談いただくことで、お客様により合った金属を

ご案内させていただくことも可能です。

 

一生物の大切なお買い物だからこそ、

きちんと考えて、ずっとつけていられる指輪を

お求めになってくださいね。

 

お問い合わせ/ご予約はこちらから

CRAFY目黒店

CRAFY鎌倉店

CRAFY吉祥寺店

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る