自分達らしい指輪

台風が連れてきた雨雲が去った日から

秋が一緒にやってきたような、

心地いい涼しさに包まれた吉祥寺ダイヤ街にある

CRAFY吉祥寺店よりお届けしています。

 

結婚指輪は一生に一度の買い物だから、

「自分たちらしいオリジナルデザインにしたい」という方も多いはず。

 

そんなお二人に、今日は自由度高めにお造りになられた先輩方の

指輪をご紹介させていただこうと思います。

 

オーダーメイドのようにご自身の作りたいデザインを追いかけながらも、

原型を作っていく過程の中で

「もっと細くしたいな」「もう少しカーブしてた方が似合うね」

「やっぱりゴールドの方が可愛いかも?」「誕生石、俺も入れていい?」

なんて会話をしながら、ギリギリまでデザインを悩めるのも、

手作り指輪のいいところです。

 

こちらの指輪をお造りになられたお二人は、

入籍月である4月の誕生花「桜」のモチーフを、半分こにする形で指輪に彫り込みました。

 

お二人の努力とスタッフの応援が詰まった、吉祥寺店で3本の指に入るほどの力作の指輪です。

奥様の指輪はピンクゴールド・旦那様の指輪はプラチナ製ですが、

旦那様の指輪にもピンクゴールドのメッキをかけることで

形と色味からお互いの存在を常に感じられる、ペア感の増した作りになっています。

 

また、こちらの指輪は酪農家のお二人がお造りになられた指輪。

お二人をつなぐキューピッド・・・とも言える、牛さんがレーザーで描かれています。

指輪内側に絆を感じるデザインも吉祥寺店では人気が高く、

手書きでメッセージを書いたり、イラストを描いたり、外国語でロゴを作って彫ったりと、

皆様思い思いに、自由な刻印をされていらっしゃいます。

 

最後にご紹介させていただくのは、柔らかなフォルムと表面加工が特徴のこちらの指輪。

お造りになられたお客様も、お二人ともおおらかで物腰が優しく、穏やかな方でらっしゃいました。

シンプルだからこそマット感が際立つ個性的な指輪に仕上がっています。

 

性格や趣味、作った日の思い出や悩んだ気持ちなど、

指輪一つ取っても、そこに詰まっているものは計り知れません。

 

ディテールや金属の種類、石の留め方など、選択肢がありすぎて迷ってしまったり、

作れるかわからないからシンプルなものがいいかな、という風に流れてしまいがちですが、

せっかくの指輪ですから、本当に作りたい形を作っていただけたら嬉しいです。

 

欲しい指輪のデザインや金属の種類・ご予算など

気になる部分がございましたら、いつでもご連絡くださいませ。

 

お問い合わせ/ご予約はこちらから

CRAFY目黒店

CRAFY鎌倉店

CRAFY吉祥寺店

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る