ロストワックス技法

ロストワックス技法

指輪の制作方法には彫金での制作(金属から制作)と

ロストワックス(蝋)から作るロストワックス技法があります。

現在では原型制作の自由度からデザイン性の高い手作り指輪のほとんどが

この製法にて作られているんです。

もちろん当工房でもワックス製法にて制作を行っています。

ちょっと難しい技法のようですが、簡単に言えば蝋(ろう)を

削って指輪のカタチを制作し、それを石膏の中に埋め込みワックスごと

固めて焼いてしまいます。熱により蝋(ろう)が溶けてしまい

溶けたあとの空洞にプラチナやゴールドを流し込むと手作りの婚約指輪や

結婚指輪が完成します。

細く削れば細い指輪、厚く削れば厚い指輪、曲げる事やウェーブ

など基本的には出来ないカタチはありません。

お二人のイメージで制作ができるので、とにかく楽しみながら

制作が可能です!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る